企業投資を通じて社会へ貢献する

ベーシック・キャピタル・マネジメント株式会社は、中小・中堅企業を投資対象とする投資ファンド運営会社として、
2002年の設立以降、30件以上の投資を実行してきました。
事業承継、MBO(経営陣の独立支援)、カーブアウト、新興企業の成長支援等、様々なケースで企業の成長支援を行っております。

お知らせ

  1. 株式会社テイ・アイ・シイへの投資実行について
  2. 株式会社WorkVision(旧商号:東芝ソリューション販売株式会社)への追加投資について
  3. 「MARR Online(マールオンライン)」へのインタビュー記事掲載のお知らせ
  4. ケイワイトレード株式会社への投資実行について
  5. 株式会社ミトヨへの投資実行について
  6. 中小機構からの60億円の出資受け入れについて
お知らせ一覧

投資方針と投資実行先

投資案件一覧

投資先とのパートナーシップを重視した投資スタイル

BCMの投資スタイルは、オーナー(株主)、投資先経営陣とのパートナーシップを重視し、納得感を醸成しながら事業の永続性を高めてゆく投資スタイルです。

会社の歴史、組織の状況等をしっかりと確認し、個社毎の実情に合わせたきめ細かいアプローチを行います。

未来に向けて事業を拡大、成長させる前に今一度しっかりと原点となる潜在価値を評価する。

株式を譲り受けた後も、価値が風化せぬよう組織にしっかりと根付かせる。

その価値を活かすために、時には組織に変化を促し、成長するように働きかける。

きめ細かく丁寧に、価値ある企業の永続的な成長を支援することで、日本経済に貢献して参ります。

PAGE TOP